チームを強化し大谷とトラウトをキープするウルトラC?

大谷放出やむなしの大合唱

最近のチームの惨状でプレーオフ進出もほぼ絶望的になってきた状態を受けて、メディアでは大谷放出もやむなしという論調が増えてきた。その大きな理由はほとんど不良債権になってきたレンドーンとの契約が重すぎて大谷には十分な資金が回せないと言うものだ。仮に無理して大谷とFA契約しても今度は他に回す資金がなくなり、結局大谷の望むようなチーム強化は出来ない。モレノオーナーが贅沢税の支払いを拒む限りそうなるのは必然だ。

重すぎるレンドーンとの愚かな契約

昨年ようやくプーホルスとの10年契約が終わり、今シーズンが終わればアップトンとの5年が終わる。そしたら今度はレンドーンと4年だ。一体このチームはどうなっているのか?なぜ毎年毎年ババばっかり掴んでいるのか?

レンドーンとの契約は彼が36歳になる2026年シーズンまで4年半も残っており、その間毎年38ミリオンドル(約51億円)払い続けなくてはならない。元々はヤンキースに行ったゲリット・コールを取るために用意した資金だったが、獲得に失敗し何故かレンドーンに注ぎ込んだのだ。その時すでに大谷はいたのだから大谷がFAになった時の資金繰りを考えていなかったのだろうか?

スポンサーリンク

振り返ると本当に何にも考えていなかったおバカなチームが代理人のスコット・ボラスにボラれただけ。レンドーンの代わりにコールがいたら今と全く違っただろうし、大谷とトラウト中心のチーム作りも出来ただろう。まさに前GM時代の負の遺産だ。もっともモレノが「コールが取れなかったのならレンドーンを取れ」と猛プッシュしたからに違いなかろうが。

管理人の考えたウルトラC

レンドーンがいる限り大谷と満足な契約はできないし、チームの再建も進まない。そこで管理人がレンドーンを放出し大谷をキープしさらにプロスペクトでチーム強化をするウルトラCを考えた。

今年のオフにレンドーンと大谷をセットでトレードに出すのだ。その頃にはレンドーンのケガも治り少しは価値も出る。そこへ大谷も加わるのだから相手チームには大きな魅力だろう。交換に良いプロスペクトも何人か取れるはず。

そして大谷には来年オフにFAになったらエンゼルスに戻ってきてもらうのだ。大谷がいない1年間にエンゼルスは交換で得たプロスペクトを育て上げ、彼が戻ってくる頃には優勝も狙えるチームとして戦力を強化しておく。

これがレンドーンの重い契約を解除し、大谷とトラウトをキープ、そしてプロスペクトでチームの強化も図る、まさに一石三鳥のウルトラCだ!

実現するかどうかは相手チームに相当の資金力が必要だし、もしかしたら大谷がケガをしてFAになる頃には価値が下がっているかもしれない。そもそも大谷がFAになった時エンゼルスを選んでくれるかも分からない(密約すれば別だけど)。それでももし大谷を放出するのだったら、レンドーンも一緒につけて出すのは是非一考してもらいたい。大谷単独で放出して多少のプロスペクトを得るよりも、たとえ見返りがなくてもレンドーンがいなくなってくれた方がまだありがたい。

スポンサーリンク

そして、もし大谷がFAでエンゼルスに帰還することになったら、不良債権の処理に一役買い、チームにプロスペクトをもたらしたスーパーヒーローとしてアナハイムに迎えられるのは間違いない。NBAのレブロン・ジェームズがキャバリアーズに戻った時以来の「王の帰還」だな。

エンゼルスは私をGMにしてくんないかな?モレノの尻拭いは嫌だけど。

スポンサーリンク

4件のコメント

  1. Rendonの契約にno-trade clauseが含まれているので放出は不可だと思いますが…大谷くんもTroutもキープして最強のAngelsを作る超超絶級のウルトラCが存在して欲しいです😭

    1. No-trade clauseはあくまでもレンドーンの権利。本人が同意すればトレード可能です。
      私の言うようなトレードがもし実現するとしたら相手はLAやNYのようなビッグマーケットにある資金力があって、優勝も狙えるチームだと思います。例えばメッツやドジャースとか。
      今後数年の低迷が見えているエンゼルスと大都市にあって優勝争いが常にできるチームと比べれば、給料が変わらないのであれば、レンドーンがエンゼルスにこだわる意味はあまりないと思います。行き先がメッツやドジャースなら喜んでトレードに同意すると思います。

  2. 2wayでの長期契約は、それこそ危険ですよね。
    途中、どちらか1wayになった場合のオプション付きならと思ってしまいますが
    半端ないマーケティングが計算できるなら、それもカヴァーできるのかな・・・
    見込みがなくなってきたレンドーン
    そしてトラウトも好不調が激しくなり、怪我癖が気になりますね。

    1. 一人で二人分の働きが期待できる2Wayはありがたい反面、もし故障したら一気に二人分の戦力ロスですから難しい面もあります。細かい条件について話し合いがされると思います。
      レンドーンはともかく、トラウトはほとんどプレーオフに出ていないのでなんとかしてあげたいです。故郷近くのフィリーズとかなら引き取ってくれるかもしれませんね。エンゼルスとの長期契約をいったん破棄して、フィリーズと短期契約を結び直すってありえないのかしら?今後の大金は失う可能性はありますが、もう十分稼いだはずなのでもしかしたら?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です