スタジアム売却否認で、モレノは財布のヒモを締めるのか?

ちょっと前にエンゼルスのオーナー、アルトゥロ・モレノが球団の移転をちらつかせて、アナハイム市から格安で球場とその周辺不動産を買い取る件を投稿した。

モレノ・オーナー、大谷のためにも贅沢税くらい払ってよ!

端的に言えばスタジアムとその周辺不動産(実勢価値500ミリオンドル)をわずか150ミリオンドルでモレノはゲットするのだ。

スポンサーリンク

Embed from Getty Images

しかし12月8日、 California State Housing Agencyがこのディールを違法だと認定した。カリフォルニアの州法では公用地を売却する場合は、最初に低価格の住宅を建設するデベロッパーへ提案しなくてはならないとなっており、今回のモレノとのディールはこの法律に違反しているとの見解が出されたのだ。同様にアナハイム市は市民グループにもこのディールが不透明だと訴えられていた。

この決定により、アナハイム市としてはディールを中止するか、法廷闘争に持ち込むか、取引価格3ドルにつき2ドルの罰金を払うかの選択を突きつけられた。ディールを推進したアナハイム市長は遺憾の意を表したが、ディールの見直しは必至の情勢だ。

MLBは青天井に資金投下できるプロリーグ

話は変わるが、アメリカの4大プロスポーツの中でNFL(アメフト)とNHL(アイスホッケー)は厳格なサラリーキャップを導入しており、チームの総年俸は決められた額を超えることはできない。NBA(バスケ)は複雑だが、一人の選手に払える年俸や抱えられる高額選手の人数に制限があるため、青天井にお金を使えるわけではない。ところがMLBは贅沢税ラインはあるものの天井はない。つまり贅沢税を払う覚悟さえあれば、青天井に資金を投下して戦力の強化を図ることができるのだ。極論すれば、トラウト・クラスの年俸の選手10人と契約して年俸総額400ミリオンドル超のスーパーチームだって作れるのだ。

モレノはエンゼルスに金を使うだろうか?

エンゼルスの貧弱なファームシステムや、トラウト、レンドーンらの長期大型契約を抱えて財政のフレキシビリティを欠くことを考えると、2~3年内にプレーオフのタイトルコンテンダーになることは、「贅沢税を超える」資金を投下して大物FA選手を何人か獲得する以外にない。FA選手の相場は高騰しており、有力な選手ほど割高な契約になるのは避けられないが、それでも他に道はない(若手3-4人が想像を大きく超える大成長を遂げようなことが起きれば別だが)。

20年前、エンゼルス買収当初のモレノはワールドシリーズ制覇を夢見て、球団への資金投下を惜しまなかった。贅沢税も何度か払った。ところが寄る年波か、長期の低迷に変節してしまったのか、ここ数年のモレノはあまり戦力強化に熱心ではない。自分の推し進めたウェルズ、プーホルス、ハミルトン、そしてレンドーンというFA補強がほとんど機能せず、世間やファンには叩かれ、自業自得とは言えさすがのモレノも熱意を失っているのかもしれない。

スポンサーリンク

さらにこのスタジアムのディールがモレノが想定していたような美味しいものではなくなった場合、大損したような気分のモレノがチーム強化へのさらなる資金投下を渋ったとしても何ら不思議ではない。エンゼルスは勢いのある若手の供給がない、トレードで戦力強化しようにも駒がない、そういう状態で資金投下も渋れば、今後数年でチームの戦力を上げるのは極めて難しい。

球団売却が再建への近道

これ以上モレノがエンゼルスの経営にかかわっても風向きは変わらないように思える。正直、モレノには球団を売却してもらいたい。若い頃のモレノがそうだったように、熱意と資金力のある人間はアメリカには大勢いる。エンゼルスの現在価値は2000ミリオンドルを超えると算定されているが、ロサンゼルスというビッグマーケットの球団なので買いたいという人間はいくらでも現れるだろう。

Embed from Getty Images

新たなオーナーの元で、贅沢税を厭わない資金投下で有力FA選手を獲得しタイトルを狙う。その間にファームの再建をすすめる。それが大谷とトラウトという二人のMVPがいる間にエンゼルスがタイトルコンテンダーになりつつ、長期的なチームの強化を図る道筋だろう。

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. おっしゃるとおり、エンゼルス再建策、大谷流出防止の最善の方法は球団売却だと思います。

  2. エプラーがメッツGMになった途端にシャーザーなどを獲得しているのを見ると、エプラーが無能だったいうより、モレノが再建の足を引っ張っている思いが強くなります。ということで、主さんの意見に同意します。
    ところでメッツオーナーのコーエンの資産が1兆円超えですごいと言われてますが、孫さんはその約4倍の資産。それなのにホークスの経営には一切口を出さないのは素晴らしいですね。エンゼルスのオーナーになってもらえないでしょうか笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です