観戦記:フルキャパシティの球場に大歓声が戻った

カリフォルニアではコロナによる経済活動の制限がほぼ撤廃され、エンゼルスタジアムもワクチン接種の有無やマスクの着用のチェックもなく、収容人数マックスまで入場できるようになった。2019年9月以来のことだ。

今日は公式サイトでもチケット半額キャンペーンもあったし、エンゼルススタジアムでワクチン接種をした人には無料でチケットを配布するなど球団をあげて観客動員に注力し、結局30,709人もの観客を集めた。

ワクチン接種するだけでこんなにいい席が4枚ももらえた

ワクチン接種をした友人はエンゼルスベンチの上(109ブロック)の11列目、かなりいい場所のチケットをなんと4枚ももらったそうだ(下の写真)。まともに買えば手数料入れて140ドルはする席だ。4枚もらったってことは560ドルもプレゼントしてもらったことに。大盤振る舞いだね。

スポンサーリンク

今日はフリーウェイの出口の手前からスタジアムに行く車で渋滞が発生し、駐車場のゲートまでこれまでなら5分もかからないところを20分近くかかってようやく到着した。こんなにスタジアム周辺が混んだのは2018年4月に大谷がレッドソックス相手に先発した試合以来じゃないかな。

ちなみに駐車場のゲートでの料金支払いはクレジットカードのみになっている(コロナの影響で現金を受け取らない)

本日、我々はライトスタンドの前から2列目に陣取った。外野で観戦するのはずいぶん久しぶりだ。というのも外野席は意外と人気があって、席の値段はネット裏の5階席よりも2割くらい高く設定されているからだ。試合を見るには外野よりも内野5階の方が圧倒的に見やすい。

売店も長蛇の列。ビールを買うだけで10分以上かかった。

スポンサーリンク

先発は大谷。今日の大谷は速い球と抜く球のメリハリがついていた印象だ。96マイル前後、ギアが上がると98マイルくらいの直球と、81-82マイルくらいの遅いスライダーが中心。スライダーはまるでチェンジアップのように打者のタイミングを外していた。被安打5、5奪三振というのはあまり大谷らしくないが、四死球は2,ダブルプレーも2つ取って省エネ投球。6回を78球で投げきった。何でも力任せに投げ込んでいた4月頃の大谷の投球とは全く違う。今日も「ピッチング」を披露して役目を終えた。

しかし6回で降板はちょっと早過ぎるだろう。マドン監督は先発を早めに降ろす采配に固執している。ブルペンが万全ならまだしも、メジャー最低レベルの陣容のブルペンなのに、ブルペン勝負に持ち込むことが多いのはどうしても解せない。

案の定、代わったワトソンはいきなりツーベースを打たれ、盗塁されて1死3塁の同点ピンチ。もし同点になればまたしても大谷の勝ちを消してしまう。結局なんとか同点になるのは防ぎ、その裏ウォードの満塁ホームランも飛び出して6点差になり大谷の勝ち星は安泰・・・・に思えた。

しかしそれで終わらないのがエンゼルスのブルペン。8回に出てきたマイヤーズは打者4人に3安打と四球で1点献上して、1死も取れず無死満塁を残してノックアウト。これってどこかで見たデジャヴ?ああ、昨日ワトソンがA’s戦でやっぱり打者6人に一死も取れずノックアウトされたんだった。ここは代わったライセル・イグレシアスが1本タイムリーは食ったものの、何とか7対4で凌ぐ。

9回そのまま続投のイグレシアスは二塁打、四球、暴投で1点を失った。ここで1発出れば同点という局面にまで追い込まれたが、何とかクロージング。8回時点で7対1と楽勝のはずがヒヤヒヤの勝利。全くエンゼルスの辞書にセーフティリードという言葉はないな。

三本間の挟殺プレーで打者走者に3塁まで行かれるお粗末さ

エンゼルスって本当に基本ができていないと思われるプレーがこれ。

7回表の1死3塁のピンチで相手は投ゴロ。捕球したワトソンは飛び出して三本間の間で止まったランナーを追いかけて行くが、中途半端に3塁へ送球。その後もなんと6回も送球を繰り返してようやく走者アウト。その間に打者走者はゆうゆうと三塁へ到達してしまった。

基本は偽投しながら走者を3塁へ追い込んでいき、3塁上で刺す。リトルリーグでも知っている。ところがワトソンもスズキも足が動いていない。走者が戻ろうとするとすぐに送球してしまうのでなかなか走者を追い込めない。

こんな基本プレーもできないとはエンゼルスの育成やコーチはヌルさを猛省してもらいたい。

 

スポンサーリンク

1件のコメント

  1. 先週のスタッシ選手に続き大谷選手のア・リーグ週間MVP受賞おめでとうございます。

    いよいよジャイアンツ戦、レイズ戦、ヤンキース戦と『PS進出がほぼ確実視されてる強豪チーム』をトラウト選手抜きで挑むことになり、正直この3チーム戦が負け越しで終わった場合はPS厳しいんじゃないか?と思われますが、合計9試合を最低でも5勝4敗で乗り切ってもらいたいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です