Sporting News:プーホルスは本当は44歳!?

エンゼルスがプーホルスをDFAした衝撃はまだ収まっておらず、様々な情報が飛び交っている。円満退社かと思えば、プーホルスがマドン監督にぶち切れて罵声を浴びせたという証言も飛び出すなど真実は藪の中だ。

その中で私が注目したのはプーホルスの年齢に関する記事だ。

米有力スポーツメディアであるSporting Newsはプーホルスの実際の年齢は44歳であるとする記事を掲載した。有力な証拠は永年フロリダ・マーリンズの球団社長を務めたデヴィッド・サムソン氏の証言と、2018年にYahoo Sportsが行ったプーホルス自身へのインタビューだ。

スポンサーリンク

正直に言うと私もプーホルスの年齢については疑問を持っていた。

プーホルスはエンゼルス来た32歳の時に早くも衰えが始まった。超一流の選手が衰える年齢として32歳は早すぎる。同じく1980年生まれのドミニカ人、ネルソン・クルーズが35歳を過ぎてからも打ちまくっているのとは対照的すぎる。もっともクルーズは2014年に禁止薬物購入で50試合の出場停止処分を受けており、薬物とは無縁のプーホルスと単純に比較はできないのだが、それでも32歳で衰えるのは早すぎると思っていた。

また近年の2割ちょぼちょぼの打率も、ほとんどゼロに近いWARも本当の年齢は44歳だと思えば無理なからんと思える。

エンゼルスもプーホルスほどの実力者なら35歳くらいまではバリバリの働きをしてくれると期待していたはずだが、その期待は大きく裏切られた。Sporting Newの記事ではフロリダ・マーリンズの元球団社長が「球界のエグゼクティブならプーホルスの実年齢が違うことは誰でも知っている」と発言しているが、エンゼルスだけは知らなかったのか?と別の疑問も生じるのだが。

またプーホルスはカージナルスをFAになったときに10年の長期契約にこだわったことが知られているが、それも数年以内に衰えが始まると自分も思っていたからと考えると腑に落ちる。

それにしても古代の発掘物の製作時期がわかる時代に、生きている人間の年齢を正確に測定する手段はないものかね?

Sporting Newの記事の日本語訳を紹介したい。

スポンサーリンク


Sporting News

Former MLB exec says Albert Pujols has been lying about his age

元MLBの重役が、アルバート・プーホルスは自分の年齢を偽っていると語る

以前MLBで重役を務めていた人物がアルバート・プーホルスはキャリアの最初から自分の年齢を偽っていると語った。

デヴィッド・サムソン氏は2002年から2017年までマーリンズの球団社長を務めていた人物だが、最近の「The Dan Le Batard Show」の中で自分の考えを述べた。

サムソン氏はプーホルスがフリーエージェントとなった2012年オフシーズン、マーリンズも球界のスターと契約を試みたチームの一つだったと振り返った。

プーホルスは最終的にエンゼルスと10年2億4000万ドルの巨額契約にサインした。これはMLBの歴史でも14番目に大きな契約で、契約全期間の支払いを保証していた。プーホルスは近年の貧弱な成績にもかかわらず、今シーズンも3000万ドルの年俸が保証されており、彼自身はその後の進退は決めていないと言っているが、多くの人は今年がラストシーズンだと信じている。

マーリンズがプーホルスへ提案した契約やオファーを思い出しながら、サムソン氏はプーホルスの主張する年齢は本当ではないと口を滑らせた。

サムソン氏
「契約についてあれこれ計算をした時に、その契約に2019年、2020年、2021年を含めるべきではないとわかっていた。あまりにも遠すぎる将来のことは計算すべきでない。その頃には彼が衰えていることはわかっていたし、実際の年齢はプーホルスが主張する年齢と違うこともわかっていた。我々は全ての情報を持っていたからね」

司会のル・バタード氏
「社内でプーホルスは自分が言っている年齢よりも実は老けていると断言したことは?」

サムソン氏
「球界で、エグゼクティブを務める人間なら、アルバート・プーホルスの年齢を言葉通りに受け取っている者は誰もいないさ。昔のドミニカの詐欺には名前を変えることも、誕生日を代えることもあった。その全貌を知ったらみんな仰天するだろう」

41歳とされているプーホルスの年齢について疑問が呈されたことはこれが初めてではない。サムソン氏が言うように、ドミニカ出身のプレーヤーにはその年齢がウソだったという歴史がある。かつて投手だったワンディ・ロドリゲスはそれまで信じられていた年齢よりも実は2歳年を取っていたことが判明したし、ミゲル・テハダも同じだった。

サムソン氏はプーホルスが実際には何歳なのかについては明言しなかったが、プーホルスの口から出た言葉を振り返ってみよう。多くの人は2018年のYahoo Sportsのインタビューでプーホルスは自身の本当の年齢について明かしたと感じている。

プーホルスは自分が初めて打ったホームランについて「初本塁打はオクタビオ・ドーテル(注1)から打ったと思うよ。自分は12-13歳だったかな。もうすぐ13歳になる頃だったはずだ。ご存じの通り、それから28年たって、今ここにいるわけだ」

プーホルスの言葉から計算すると、Yahoo Sportsのインタビューは13歳の28年後、つまり41歳の時ということになる。同じインタビューの中でプーホルスは「確かドーテルは私よりも3-4歳くらい年上だったはずだ」と言っている。その計算から言ってもプーホルスの(2018年当時の)年齢は41歳ということになる。

(注1)オクタビオ・ドーテル 1993年にメッツでメジャー入りしたドミニカ出身の投手。2021年の年齢は47歳である。

この文脈からいくと、プーホルスの(2021年の)年齢は41歳よりも3歳上ということになる(彼の誕生日が1月16日というのは正しいという仮定で)。つまり実際の年齢は44歳だ。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です