「エンゼルス選手紹介 2021年(先発投手)」を追加

開幕まで1ヶ月を切り、各チームの陣容も固まってきた。

2021年のエンゼルスを紹介するシリーズ。今回は先発投手陣について記事を投稿した。

エンゼルス選手紹介 2021年(先発投手)

スポンサーリンク

先発投手陣はエンゼルスの長年の懸案事項だ。ここのところ毎年ベテランの1年契約でお茶を濁してきた感があるが、今年も強力な先発投手の獲得はかなわなかった。FAで最大のターゲットだったトレバー・バウアーはよりによって投手王国のドジャースに行ってしまった。もっとも一昨年のゲリット・コールと比べると実力的には一段劣るバウアーからの撤退は正解だったように思う。

結局エンゼルスはベテランの2投手、キンターナ(32)とカッブ(33)を補強した。二人ともややピークを過ぎた感は否めず、とりあえず頭数を揃えた補強で終わったのは昨年、一昨年と同じだ。

それでもバンディ、ヒーニー、キャニング、大谷に二人が加わったことで投手6人によるローテーションが構築できそうだ。各投手について見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です