チーム紹介:マイク・ソーシア監督(59歳)

マイク・ソーシア(59歳)(監督)

大谷の起用法に注目が集まるエンゼルスを率いて19年目の名将!

現役時代はドジャース一筋のキャチャーだった。引退後は2000年からエンゼルスを率いて、来季19年目の長期政権を敷く。これまでアメリカンリーグ最優秀監督賞を2回(2002年、2009年)受賞しており、名将の誉れ高い。

エンゼルスとは2009年に10年契約を結び、2018年が10年目の最終年である。過去3年続けてプレーオフ進出を逃しているので、今年は勝負の年となるだろう。ややマンネリ感も出てきているので、今年もプレーオフ出場を逃すようならば、契約更新はないかもしれない。

スモール・ベースボールではない
日本の野球関連サイトやブログでは、ソーシアの野球のスタイルは、バントや盗塁を多用するスモール・ベースボールと書かれることが多い。しかしここ何年かの采配を見る限り、現在はかなり変質している。2005年以降、ゲレーロ、プホルス、ハミルトンと言ったFAの長距離ヒッターをチームの中心に据えるようになってからは、送りバントのような戦略はほとんど採らなくなり、基本は強攻策である。また、マイク・トラウトを除けばあまり足の早い選手もいないため盗塁も少なくなっている。

スポンサーリンク

どちらかと言えば、経験を重視するオールド・スクールに属するタイプの監督で、昨今のセイバーメトリクスのようなデータ重視の采配をするタイプではない。例えば攻撃時に「相手が左投手なら右バッター」という昔ながらの戦法もいまだに好む。具体的には右打者ながらデータでは左投手よりも右投手を打っているCJ・クロンを、右投手が出て来ると引っ込めるというような選手起用を多用する。
データ活用に関しては、2015年に当時のGMジェリー・ディポト氏(現マリナーズGM)と衝突し、結果としてGMが球団を去るという事件も起きている。

大谷の起用法に注目が集まる
2018年の最大の注目はソーシアが二刀流の大谷選手をどのように起用をするかだろう。先発投手のコマが足りないエンゼルスとしては、おそらく投手として重用したいだろうが、獲得にあたり二刀流の遂行を最大限サポートすることを大谷に約束した以上、打席にも数多く立たせるだろう。

性格は温厚で明るいが、チーム内の和を重視し、不平不満をもらすような選手には厳しい態度で臨むことでも知られる。これまでクラブハウス内で飲酒事件を起こしたジョン・ラッキーや起用について不満を漏らしたマイク・ナポリなどをシーズンが終るとすぐに放出してきた。

また、白人であるが英語の他にスペイン語も話し、スペイン語しか話せないラテン・アメリカ系選手とのコミュニケーションにも苦労しない。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です