辛口寸評:4連敗でリーグ最低勝率を爆走中!

ヒーニーが初回に3失点していきなり追いかける展開に。5回にもさらに2失点。3点は返したがまたしても必敗パターンで敗れた。

これで4連敗だが、最後に勝ったのはラ・ステラの奇跡的な逆転サヨナラホーマーで7対6で勝ったジャイアンツ戦。その1発がなければ9連敗だった。現在のチーム状態は過去20年でも最悪に近いだろう。

スポンサーリンク

とにかく先発がひどい。6回3失点のクオリティスタートどころか立ち上がりにあっという間に大量失点してゲームを壊している。この9試合の4回までの失点は 3、2、4、7、2、4、5、9,3と目を覆いたくなる。さらに救援陣が失点を重ねるのだから勝てるわけがない。

Embed from Getty Images

これで8勝19敗となって、再建中のレッドソックスやマリナーズにさえも追い抜かれリーグ最下位。

今年はコロナ特例のため例年よりも多くのチームがプレーオフに出られるので、久々にポストシーズン進出のチャンスなのだがそれも絶望的な状態だ。

野球は投手力

バッターは1試合何本ヒットを打つかよりも、どのタイミングで打ったかが勝敗に影響を与える。ラ・ステラのサヨナラホームランが良い例だ。逆に5打数4安打でも最後の一番大事なチャンスで打てなかったのなら勝利に結びつかないこともある。つまり打者はパフォーマンスの総量よりもどこで仕事をするかのほうが大事だ。もっとも打者はそれを自分でコントロールできるわけではないので毎打席全力を尽くすしかない。「打線は水物」と言われる所以だ。

一方、ピッチャーはとにかくパフォーマンスの総量がモノを言う。毎試合完封する必要はないが、常に7回2失点くらいで投げてくれたら勝利を積み上げていける。

スポンサーリンク

これが「野球は投手力が試合を決める」と言われる理由だ。

どうやって投手力を整備するのか

一方で投手は年齢が上がるにつれて故障のリスクが高くなる。トミー・ジョン手術などになれば最低でも2年くらいは全く使えないし、その後復活する保証もない。いくら実績があっても30歳前後の投手に長期契約をオファーするのはリスクが高すぎる。投手力をトレードやFAで整備するのは良策とは言えないだろう。

こう考えるとチーム強化のためには投手力の強化が何よりも重要だが、故障リスクの低い若い優秀な投手をどれだけ育成できるかにかかっている。逆に言えば、若い投手をトレードの駒に使って野手を獲得するというのはチーム強化には逆行する行為だろう。しかしそれこそがエンゼルスが何年も行ってきたことなのだ。チームが弱くなるわけだ。

スカウト、育成から見直せ!

現在のエンゼルスはマイナーにも投手の有望株が全くいない。スカウティングも育成も全てが上手くいっていない。こんな状態では今後も長期低迷が続くのは目に見えている。ここは腹をくくってスカウティング、マイナー組織に大ナタを振るうしかないだろう。最低でも5年はかかるだろうがやるしかない。そのためのGMだと思うが、エプラーGMがその辺を改革したという話は全く聞こえてこない。派手なトレードがGMの仕事だと勘違いしていないか?

レイズ、パドレス、ドジャースの優秀な裏方を引き抜け!

現在メジャーで最もプロスペクトが多くマイナー組織が充実しているのはレイズ、パドレス、ドジャースだという。レイズ、パドレスは低迷期間にドラフトで有望選手を多くスカウトできたことが一因だが、地区優勝を続けているドジャースが素晴らしいマイナーを作り上げているのは注目に値する。

エンゼルスはこれらの球団からスカウトや育成担当者をガンガン引き抜くべきではないか?選手を引き抜くのはルールもあるし、お金もかかるので一筋縄ではいかないが、優秀な裏方をリクルートするのはよほど簡単な話だろう。是非やってもらいたい。

投手は白人、野手は中南米系を取るべし

これは私見なのだが、中南米系の先発投手は大成しない。リリーフには例外もあるがサイ・ヤング級の投手は多くが長身、速球派の白人である。現役でもコール、シャーザー、バーランダー、デグローム、カーショウ、セールと枚挙にいとまがないが、過去も含めて中南米系でレジェンド級の先発投手というと私にはペドロ・マルチネスくらいしか思いつかない。

しかしなぜかエンゼルスには中南米系の投手が多いのだ。これはモレノの好みなのかと思わずにはいられない。単純な話ではないのはわかっているが、少しは統計学的に考えてもらいたい。

この件については2019年10月に分析記事「優秀な先発投手という人種たち」を書いたのでご参考頂ければ幸いである。

ちなみに打者は中南米系や黒人選手に偉大なプレーヤーが多い。プーホルス、ジャッジ、ベッツもそうだし、現在MLBを席巻しているソト(ナショナルズ)、アクーニャJr.(ブレーブス)、タティス(パドレス)など若くしてMVP級の活躍をする選手も多い。パワー、対応力の高さでは中南米系の打者にはアドバンテージがあるように見える。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です