速報:カルフーンとの来季契約オプション行使せず!FAに

本日はエンゼルスにとってカルフーンと契約延長するかどうか決断する期限になっていたが、エンゼルスは来季1年14Mで契約できるオプションを行使せず、カルフーンはFAとなった模様だ。エンゼルスは契約しない条件としてカルフーンに1Mを支払う(退職金みたいなものだ)。

ただし、カルフーンはFAとなってどことでも契約できるので、金額を下げてエンゼルスと再契約する可能性は残っている。

エンゼルスのフランチャイズプレーヤーで、小柄な身体に似合わずパンチ力もあり、守備では超一流の外野手だった。しかし近年打率の低下に悩み、今シーズンも.232しか打てず、確実性に欠けると指摘されていた。

スポンサーリンク

投手力に大きな問題を抱えるエンゼルスは資金をゲリット・コールらのFA投手獲得に回し、やや人員余剰気味の外野を整理する決断をしたと思われる。1年14Mならそれほど高い金額ではないが、トラウト、プーホルス、アップトン、コザートら野手に資金分配が偏りすぎていたとばっちりを受けた形だ。

しかし、ここに来て何の見返りもなくFAとして放出するくらいなら、7月末までのトレードデッドラインで放出していれば何らかの見返りは得られたはずだ。7月末の時点でエンゼルスはポストシーズン進出の望みがほぼなくなっており、その後も契約の切れるカルフーンをキープする意味はなかった。エプラーGMの考えていることは全く理解できない。

スポンサーリンク

3件のコメント

  1. カルフーンやっぱりFAですね。
    カルフーンは今年はHRを沢山打ったし熱い守備は楽しませてくれたので残念ですが、
    打率など12Mの値段には見合ってるかは疑問でした。
    他にもっと年棒に見合ってない人はいるのでしょうが…

    フランチャイズプレイヤーというのは日本で言うチームの生え抜き選手ですよね?
    アメリカのファンはそういう選手にどの程度の価値をおいているのでしょうか?
    日本でも昔よりはFAやトレードがさかんになってきて
    個人的には昔よりは生え抜き選手か否かはそれほど重要視されなくなっている気がしているのですが。

    1. 選手の入れ替わりが激しいので、逆に球団一筋の選手は特別に人気がありますね。カルフーンが移籍して、他チームに移ってエンゼルスタジアムで試合をすれば大歓声で迎えられるでしょう。ただしチームの慰留を振り切って条件の良いチームへ移籍した選手は逆にブーイングされますね。ファンより金が大事かと。今年の例だとブライス・ハーパーとか。
      プーホルスはカージナルスの慰留を振り切ってエンゼルスと破格の条件で契約して来たわけですが、例外的に彼が今年セントルイスに移籍後初めて凱旋試合したときは大歓声でした。
      プーホルスの場合は移籍直後から成績が急降下する一方で、カージナルスファンとしてみれば「よくぞ最高のタイミングで引き取ってくれた」とある意味エンゼルスに感謝しているから素直に大歓声を送れたんだと思います。

  2. LAA Watcherさん、返信ありがとうございます。
    なるほどやっぱり生え抜き選手はファンにとっては特別なのですね。
    トラウトの契約延長があれだけの歓迎を受けたのも納得です。
    反してカージナルスファンのプホルスに対するあの歓声は、エンゼルスファンにとっては複雑な思いですよね…

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です