LA Times紙 「大谷は最後の15試合を欠場」

大谷選手が突然ヒザの手術を受けると聞き、おおいに驚かされた。先天的に左のヒザの皿が二つに分かれている病気?を持っていたそうだ。今年の2月にヒザの違和感からMRIを撮って発覚したのだが、これまで特に問題とはならなかった。しかい8月のブルペンでの投球練習あたりから気になりだし、シーズン終了を待たずに手術を決断したようだ。エンゼルスは完全にポストシーズン進出の可能性はなくなり、強行出場する意味もなくなっていた。

地元紙LA TimesにはエプラーGMの電話会見の様子を含めて、手術に至った経緯や今後のスケジュールなどの詳報が載った。日本語訳を紹介しよう。


Ohtani will miss final 15 games

(オータニは最後の15試合を欠場)

左のヒザの皿の手術のため彼のシーズンは終わってしまうが、ピッチング再開へのスケジュールに変更はない。

スポンサーリンク

エンゼルスの指名打者でピッチャーのショーヘイ・オータニは投球に影響を与え続けていた先天的な左ヒザの皿の問題を解消する手術を金曜日に受けることになった。トミー・ジョン手術からの回復過程にあるオータニは今シーズンは一度も投げておらず、エンゼルスには惨めなシーズン最後の15試合が残っているものの、オータニは今後数週間、野球はできなくなる。

木曜日の電話会談でビリー・エプラーGMは「昨年10月の手術からのリハビリは今年の年末には完了するはずだ」と述べた。スケジュール通りに行けば、スプリングトレーニングまでには完全な二刀流として復帰できるだろう。

オータニは2月のMRI検査で左ヒザの皿が2つに分離していることがわかったが、2年目の今シーズン、106試合に出場した。エプラーによると、とても珍しい症状だが、生後ヒザの皿の骨が融合しなかったことによるもので、これまで特に問題とはならなかった。オータニとエンゼルスが行った対処はウェイトトレーニングで下半身強化の負荷を減らすことくらいで、それ以外には特に何もしなかった。

エンゼルスは今シーズン終了までオータニをプレーさせられただろうが、オータニは神経質になっていた。ヒザの違和感は8月のブルペン練習で強く感じられるようになった。痛みをかばうことで腕の方に悪影響が出ることをオータニは危惧した。

9月1日のブルペン練習を最後にオータニはマウンドから投げていない。

エプラー 「ヒザの問題は今解消した方がいいと感じている。なぜならこの問題のためにオータニは投球練習を回避したり、不安を持ったりしていたからだ。我々としては投球の強度をドンドン上げたかった。もし投球の強度を上げていく時に、オータニが全力で投げなかったら、予想できない問題が起きることだってありえる」

スポンサーリンク

オータニは打率.286、18本塁打、62打点の成績だった。オールスター以後わずか4本塁打と長打力が影を潜めるなど今シーズンは幾度かのスランプにぶち当たり、スイングメカニックにも四苦八苦した。

しかしヒザの問題は25歳のオータニの攻撃力には影響を与えないとエンゼルスは判断していた。ベースランニングのスピードも打球の強さも、ベーブ・ルース以来の真の二刀流として旋風を巻き起こして新人王を取った昨年と変わらなかった。

ヒザの問題が影響を与えたのはピッチングだけだった。

エンゼルスはこの問題がシーズン終了後まで尾を引くとは考えていない。10月上旬には投球を再開するだろう。ヒザの手術後8~12週間でマウンドに帰って来て、トミー・ジョン手術からのリハビリも終え、幾ばくかの休養を取ったら、アリゾナ州テンピで2020年シーズンに向けて二刀流として始動するだろう。

オータニが完全な健康体で戻ってくれば、今シーズン、ケガや低調な成績、そしてタイラー・スカッグスの死などに蹂躙されたチームの投手陣にとって恩恵となるに違いない。昨年6月にヒジを故障するまで、オータニはエンゼルスでもっとも信頼できる投手だった。10試合の先発で防御率3.31、63奪三振という素晴らしい成績をあげていた。

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. 初めまして。鹿児島県在住の若宮と申します。
    初めてのエンゼルス観戦旅行を決めてから、こちらのサイトには、たびたびおうかがいして、
    勉強させていただいてます。助かります。ありがとうございます。
    昨日の「大谷選手シーズン終了を待たずに左膝の手術」には本当にびっくりしました。
    頭が真っ白になって、状況を理解するのに時間がかかりましたが、
    今はいろいろ情報も入ってきて、納得することができました。
    手術も無事に終わったようで安心しました。これからまた辛いリハビリが始まりますが、
    乗り越えて欲しい、そして来季の二刀流復活を願ってます。
    私たち夫婦は今月25日からの観戦を予定しています。アスレチックス戦2連戦の2戦目と
    アストロズ戦4連戦のの1戦目と2戦目です。大谷選手が出場できないのであればキャンセルして
    来年か再来年に延ばそうかとも考えましたが、私たちの年齢では来年のことは分かりません。
    主人は今年80歳になりました。大谷選手の大ファンで、去年彼がメジャーリーガーになった時から
    応援に行くのを楽しみにしてました。二人で話し合って当初の予定通り出発することにしました。
    今日メールしたのは一つ教えていただきたいことが、あるからです。
    いつもNHKのメジャーリーグ中継で観戦してました。もちろん旅行中も録画して、
    帰国後に思い出を語りながら見るつもりでいました。ところが大谷選手の離脱がわかったら
    NHKのエンゼルス戦の中継がなくなりました。
    私たちが観戦する現地時間25日、26日、27日のテレビ中継を現地で録画する方法
    もしくは試合のビデオを入手できる方法はないものでしょうか。
    主人は球団で販売してるんじゃないかと言ってますが……。何かいい方法をご存知でしたら
    教えてください。どうぞよろしくお願いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です