タイ・バトリーを先発で使え!

嗚呼、8連敗!

連敗が止まったら何か記事を書こう、と思っていたらあれよあれよという間に8連敗まで伸びてしまい、シーズンが終了してしまった。

昨年は6月10日から6月28日に4勝13敗と大失速。特に6月23日からブルージェイズ、ロイヤルズ、レッドソックスに6連敗を喫して、事実上この連敗でシーズンは終了してしまった。

今年も似たような展開で、時期は1ヶ月半ほどずれたが、7月25日から8月9日に2勝12敗。独走するアストロズに追いつくことはとうの昔に不可能だったが、ワイルドカードレースからも10ゲーム差となってここでシーズンは事実上終わりを告げた。

スポンサーリンク

まともな先発いない、先発いない、先発いない

とにかく先発投手がいない。スカッグスの急死後、ペーニャもヒザのUCL断裂でシーズン終了となり柱になる先発は誰もいなくなった。結局故障明けのヒーニー(防御率 4.89)、新人のキャニング(防御率 4.76)とスアレス(防御率 6.57)、今年はマイナー暮らしが長いバリア(防御率 6.62)、コール(防御率 4.78)、ピーターズ(防御率 3.45)、サンドバル(防御率 5.59)らほとんどメジャーで実績のない投手を起用せざるを得なかった。防御率から見ると先発としてはほぼ落第の数字ばかりで、連敗中は先発が序盤で大量点を許すボロ負けの展開が多かった。

私の個人的感想だが、スアレスには全く将来性を感じない。上背も178cmしかなく、球威もないし、見るべき変化球もない。少なくともサイヤング賞候補になるような将来は全く想像できない。バリアも昨年ブレークしたが成長を感じられない。サンドバルは球威はあるがコントロールが悪すぎて(BB9が5.6)まだマイナーレベルを抜けていない。

BB9(Bases On Balls per 9 IP)
9イニング換算で何個フォアボールを出すかの数値、投手のコントロールの良さを表す指標。好投手なら2.5以下、トップクラスの投手は2.0以下である。メジャー平均は3.3くらい。5.0を超えるとノーコン過ぎてオチオチマウンドに送れない。
ちなみに精密機械と呼ばれたグレッグ・マダックス(カブス、ブレーブス等)は生涯通算のBB9は1.8だった。しかしその上を行ったのが上原浩治(レンジャース、レッドソックス等)でメジャー9年間の通算BB9はわずか1.5であった。エンゼルスのコーチに来てもらえよ。

加えて言えば、どうしてエンゼルスにはノーコン投手がこんなにも多いのか。BB9が5.6のサンドバル以外にはアンダーソン(5.9)、ガルシア(4.5)、コール(4.1)、ヒーニー(3.6)、スアレス(3.5)、ベドロージャン(3.4)と平均以下のコントロールしかない投手がズラズラ出てくる。

コントロールの悪さはリリースポイントが安定していないことが最大の要因だ。投手コーチらは何をどう指導しているのだろうか?

早くも来年の話で・・・

とにかく来年以降エンゼルスがポストシーズンに進出できるかは軸となる先発投手を2-3人獲得できるかにかかっている。具体的には年間150イニングを投げ、防御率3.50、15勝以上出来る投手だ。

スポンサーリンク

そりゃあこれまで、先発が試合を作ってもセットアッパーやクローザーが打たれて勝ち試合を落としてきたシーズンも多かったよ。でも今のように先発が前半で5点も6点も取られる試合が続くよりはずっといいだろう。

来年は大谷が復帰してくるのでおそらく彼は先発の軸として働けるだろう。ゲリット・コールを獲得できれば最高だが、それでもまだ1人足りない。

私は常々、タイ・バトリーを先発で起用すればいいのにと思っている。彼は今でこそセットアッパーを務めているが3年前まではマイナーで先発していた。BB9も2.6とコントロールも良く、何よりも99マイルの速球を持っているのは先発として大きな強みだ。まだ26歳と若く、身長も198cmあって申し分ない。すぐに転向しろと言うのは無理でも、オフシーズンをかけて先発転向の準備をさせるわけにはいかないだろうか?

彼の適性が先発なのかリリーフなのかは私にはわからないが、先発投手が絶対的に足りない今のエンゼルスでは先発として貢献してくれた方が遙かにプラスが大きいと思う。

スポンサーリンク

5件のコメント

  1. 初めてコメントさせて頂きます。

    大谷選手の日本時代からのファンで、L彼が移籍してからLAAを応援するようになりました。

    LAAの投手陣の酷さは見ていてもどかしさを通り越して悲しさを感じています。
    10点取っても5回以降を安心して見ていられないなんて…。
    打者陣は魅力的な選手が多くいると思うのですけどね。

    ところでこの場をお借りしLAA Watcher さんに観戦チケットについて質問させて頂きたいのです。

    私は8/27から9/1までアナハイムへ試合観戦へ行きます。
    8/27と28はMLB公式よりチケットを購入済みです。
    その後のBOSとの3連戦はLAA Watcherさんの記事を参考にし、
    手数料が高くてもリスクが少ないという点でStubhubでチケットを探しています。
    1ヶ月ほど前から動向を見始め、現在は当初よりも売り出しチケット枚数が3割程増えていますし、値段も下がって来ているようです。

    ここでどこまで待つのが得策なのかと悩んでいます。

    セクション109〜113のなるべく前方の席を希望しており、そのあたりを中心に探しています。
    去年も観戦に行きましたが、試合日4日前に転売サイトでセクション112の前から2列目を$225/席で購入しました。

    例えば試合開始前日まで待つのも手なのでしょうか?
    オンラインで購入可能でもあるので、試合前日や当時まで待つ価値は有ると思われますか?
    ご意見頂けると大変助かります。

    私はハワイ在住でそこからLAへ行きますが、
    今回日本在住の親友の娘さん16歳も現地で合流して一緒に観戦します。
    高校ではソフト部所属の野球好きな子で、今回は自身の貯金で費用を捻出するとの事。
    初めての海外旅行なのに一人で飛行機に乗ってまでアナハイムで大谷選手の試合を観たいというその勇気に応えるべく、
    なるべく低予算で良い席を取ってあげたいと考えています。

    長文大変失礼致しました。
    どうぞよろしくお願いします。

    1. MK808様、コメントありがとうございます。
      お尋ねのチケットの件ですが、ボストン戦はいつもなら注目度が高く、相手ファンも多いのでチケットは高くなりがちです。
      しかし今年はボストン、エンゼルスともポストシーズン進出の望みは低く、あまり盛り上がらない3連戦となりそうです。
      私見ですが、StubHubではチケットは待てば待つほど下がりそうに思えます。直前まで待っても(場合によっては試合開始直前まで待っても)いいかもしれません。
      待った結果、少々値段が戻したとしても公式サイトよりは安い値段で買えそうに思えます。

      1. LAA Watcher さん、丁寧な返信をありがとうございます!

        対戦カードによっても違いはあるだろうとは考えていてそれも少々焦る要因だったのですが、
        ポストシーズンへ向けての順位の事までは頭になかったので大変助かりました。
        なるほど、だからBOSという人気球団が相手でもチケットが市場に出てきてたんですね。
        勇気を出して伺って良かったです!
        アドバイスありがとうございました。

        もう一つお伺いしたいのですが…
        出来たらエンゼルス選手のバッティング練習を見たいと思っていて、
        8/28にLexusのラウンジに入れる席を取ったのでそこを予約すれば早めに中へ入れるかと思っていたら、
        1番早い時間でも5時からの予約受付でした。
        5時からではエンゼルスのバッティング練習は見れそうも無いと思うのですが、
        他に見られる方法をご存知でしたら教えて頂けたらとうれしいです。

        図々しく追加の質問ですが、どうぞよろしくお願いします。

        1. 残念ながらエンゼルスタジアムでエンゼルスの打撃練習を一般ファンが見ることはできません。5時前には終わっていてそこからは相手チームの打撃練習だからです。逆にアウェイの試合ならば見ることは可能と思います。

          1. LAA Watcher さん、返信ありがとうございます。

            そうですか、やっぱりホームゲームだと難しいのですね。
            わかりました。

            今回は私の質問に親切に回答頂きありがとうございました。
            LAA Watcherさんの今回のアドバイスを参考にし、
            良い席をとってあげる事に集中しようと思います。

            他の記事も大変楽しく読ませて頂きました。
            これからも更新楽しみにしています!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です