悲報:左腕エースのスカッグスが遠征先のテキサスで急死

なんと言っていいのだろうか。カリフォルニア時間の午後2時頃、エンゼルスのツイッターで第1報がもたらされた。タイラー・スカッグス投手(27歳)が遠征先のテキサスで今朝急死したという。

レンジャースとの今夜の試合の3時間前のことだ。結局今晩の試合は中止となり、後日リスケジュールされる。死因等状況は明らかにされていない。

全く突然の悲報に驚くしかない。一昨日の土曜日に先発したばかりだったし、健康には全く問題なさそうだった。彼のインスタグラムには大谷選手との写真をわずか4日前にアップしたばかりだった。

スポンサーリンク

それどころか、昨日の試合後、遠征先のテキサスへのチャーター便に乗る前に、みんなとカウボーイの格好をした記念写真までアップしている。

悲しすぎる。ご家族のショックは想像するだけでも辛い。

投手崩壊のエンゼルスで唯一奮闘していたのがスカッグスで、実質エースだった。そのエースを亡くしたエンゼルスにはあらゆる意味で大きなショックである。

10年前の悲劇を思い出した

エンゼルスは2009年にエース候補として頭角を現したニック・エイデンハート(22歳)という若手投手を交通事故で亡くすという悲劇を経験しているが、また悲劇が繰り返されてしまった。その時は飲酒運転の信号無視の車と出会い頭に衝突してエイデンハートの乗る車が大破し、同乗の友人2人も死亡するという大事故だった。

スポンサーリンク

エンゼルス事件簿:(2)メジャーリーガーとしての第1歩を踏み出した夜に事故死

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です