辛口寸評:エンゼルスはブルペン崩壊も、敵のハンパない守備崩壊で勝利

今日はエンゼルスは常に先行するのに、アンダーソン、ガルシア、ロブレスと出てくるリリーフ陣はリードを次々と消していく。7回以降だけで6点も取られて延長に持ち込まれた。

アンダーソン、コントロール悪すぎ

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

5対1の7回に登板したアンダーソン、あまりにもコントロールが悪すぎる。投げるタマの半分近くはボールになるので、4点も勝っているのに四球でランナーを貯め、ボールが先行してストライクを欲しがり、ストライクを取りに行ったところで痛打を食らう。いつでもストライクが取れるコントロールを身につけないとメジャーで生き残るのは難しい。マイナーに落としてフォームから見直した方がいいと思う。

ロブレスもクローザー失格

Embed from Getty Images

リリーフで頼りになるのはバトリーだけ。なぜバトリーをセットアップで使う?クローザーに固定しろって。現在のクローザーのロブレスはタマは速いが単調というかフォームが見やすいのか、防御率4.26はクローザーの数字じゃない。

同点の10回裏、ラミレスが2死1,2塁、カウントがノースリーになったときはもう終わったと思ったよ。彼が何とか踏ん張ってくれたのが大きかった。

エンゼルスは単打2本で5点の猛攻?

今日の試合、11回表のA’sの守備崩壊ぶりがハンパなかった。10連勝していたチームとはとても思えなかった。

  • 先頭の6番プエロに四球
  • ワイルドピッチでプエロは2塁へ
  • 7番グッドウィンも四球
  • 8番レンヒフォは投前へ送りバント。それを1塁オルソンが悪送球し、労せずしてプエロがホームインで8対7。無死2,3塁。
  • 9番ウォルシュは敬遠で無死満塁
  • 1番フレッチャーの時にまたワイルドピッチでグッドウィンがホームインで9対7
  • フレッチャーは四球でまた無死満塁
  • 2番ラ・ステラはライト前ヒットでレンヒフォがホームインして10対7でまだ無死満塁
  • 3番大谷は三振でようやくワンアウト
  • 4番ルクロイがセンター前ヒットでウォルシュ、フレッチャーがホームインで12対7。
  • 5番カルフーン、6番プエロ凡退でようやくイニング終了

死球、暴投、四球、エラー、四球、暴投、四球・・・エンゼルスはシングルヒット2本で5点も奪った。今日も「不思議の勝ちあり」だったね。とにかく勝って良かったよ。延長11回まで行ったが、ラミレスを投げさせただけでゲームセットに持って行けたのも長い連戦の中ではいいことだった。

スポンサーリンク

メジャー昇格、即大活躍の苦労人セサール・プエロ

Embed from Getty Images

28歳のドミニカ人。2007年にメッツから指名されプロ入り。しかしなかなかマイナーを抜け出せず解雇と移籍を繰り返し現在のエンゼルスは8球団目の苦労人。過去にエンゼルスにいたこともある。コザートがDL入りしたことでマイナーから昇格し、今日6番レフトで先発すると6打数3安打1ホームラン4打点の大活躍!ホームランはプロ入り第1号。12年かかって打った初ホームラン、嬉しかっただろうねえ。強く安定したスイングをもっていそうなので掘り出し物かもしれない。アップトン、コザートら高額選手が故障する中でグッドウィン、ラ・ステラらとともに見いだされた新戦力で、これを奇貨としたいところだ。

ボーッと生きてんじゃねえよ、カルフーン!

Embed from Getty Images

9回表、1塁ランナーのカルフーンはグッドウィンの3塁への内野安打性の打球で2塁に到達したがベースを離れて目の前にいたショートにタッチアウトされてしまった。何を考えていたのか?3塁を伺おうとしたのか?しかし明らかに誰がボールを保持しているのか把握してなかった。打撃は波がありすぎるのでせめて走塁くらいちゃんとしてくれよ。

野球IQ低そうなレンヒフォ

Embed from Getty Images

レンヒフォって野球IQが低そうだ。9回裏のショートゴロの処理も判断が遅いから一瞬サードへの送球を考えて、そのため結局1塁もセーフにしてしまった。

打撃もとにかくブンブン振り回す。変化球への対応力も低そうだ。配球とかも考えているようには見えない。9回表に殊勲の勝ち越しツーベースを打ったが、相手バッテリーも外角に変化球を投げとけば安全なのに、内角に投げてしまってタイムリーじゃ研究不足だね。

野球って走攻守の実力も必要だが、瞬時の判断力や先を読む力など頭の良さも必要なスポーツ。日頃から野球IQを鍛えておかないと肝心なところでミスをしてしまうよね。

大谷は本調子にはまだ遠い

Embed from Getty Images

今日の大谷は7回打席に立って、5打数1安打2四球。相手エラーも含めて4回出塁したのは良かったが、体勢を崩されたスイングが多いし、打球が上がらない、三振が多い。なかなか爆発しないなあ・・・

今日のマリナーズ戦、菊池相手にスタメンで出るか注目だ。もし出たら注目の対決だね。

スポンサーリンク

1件のコメント

  1. はじめまして。4月に日本からコスタメサに移住してきました。
    小さい頃から野球をしていて、野球観戦も大好きで、メジャーリーグの試合を観るのが夢でした。
    先日初めてエンゼルスタジアムに観戦に行きました。日本とは違う独特の雰囲気での観戦にハマり、今後も定期的に観戦に行こうかと思っています。
    家族一同すっかりエンゼルスファンになりました。
    こちらのサイトのスタジアムガイドをはじめ、選手の詳細などとても参考になりました。有益な情報をありがとうございます。今後とも活用させて頂きたいと思っております。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です