大谷、本格復帰への2安打& エンゼルス小ネタ

昨日のタイガースとの第3戦、3番DHで先発した大谷選手が2安打を放ち、日本では大騒ぎとなっているようだ。特に第1打席のタイムリーは打球スピードも速く、あと少し角度がついてボールが上がっていれば間違いなくホームランの素晴らしい当たりだった。

第2打席のショートへの内野安打は相手がちゃんと捕球して投げていればアウトだったかもしれない。またエラーと判定されても仕方なかった。それでもヒットになるところ、運も上昇気味かもしれない。今後の大活躍を予感させられる。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

一方、ロサンゼルスのメディアではさすがに大谷選手の2安打よりもプーホルスの2000打点到達がトップニュースだった。しかし次は大谷選手のホームランの記事が読みたいところだ。

不振のマイク・トラウトが深夜の打撃特訓

Embed from Getty Images

タイガースとの第2戦に3-10で敗れた後、マイク・トラウトは深夜にコーチ3人とケージにこもり、バッティング特訓を行った。練習を終えたトラウトがクラブハウスに帰ってきた時、彼の額には玉のような汗が浮かび、バットを握りしめ、決意に満ちた表情だったという。

トラウトはそれまでの14試合で47打数10安打(.213)、6打点しかなく、打率は.333から.280へと急降下してしまった。

チームメートのシモンズは夜型の生活で深夜によく練習を行うらしいが、トラウトが試合後に練習を行うのは極めて異例のことだった。

翌日のタイガースとの第3戦、トラウトは2打数1安打(3塁内野安打)、1四球、1犠飛、1打点という結果で、まだまだ本調子とは行かないようだが、これまでほとんどスランプらしいスランプがないトラウトのこと、すぐにステップアップしてきてくれるに違いない。

スポンサーリンク

 

スタミナが問題のペーニャは試合中にPB&Jサンドイッチを食べて克服

この日、エンゼルスはオープナーとしてルーク・バードを起用した。2回からマウンドに上がり8回まで7イニングを投げたのがペーニャ(29)。オープナーを使った理由の一つがペーニャのスタミナ不足。ペーニャは球数が50-60になると球速が落ちる欠点が指摘されており、少しでも投球回数を少なくするためにオープナーを使ったのだ。

一方ペーニャは栄養士と相談した結果、試合中に何かを食べることをアドバイスされた。そこで今日の試合、イニングの合間にベンチでPB&Jサンドイッチを食べていたという。試合中に食べ物を口にするのはペーニャにとって初めての経験だったらしいが、それが奏功したかペーニャは2回~8回の7イニングを被安打3、無四球の無失点に抑えた。リリーフ投手が7イニング以上を無失点に抑えたのはエンゼルスでは33年ぶりのことだという。

ペーニャには今後もPB&Jサンドイッチで快投を期待したいところだが、この「PB&Jサンドイッチ」、正確には「Peanut Butter & Jelly(ピーナツバター&ジェリー) サンドイッチ」で、アメリカ人にはきわめてなじみの深い食べ物だ。食パンの片側にピーナツバター、もう片側にはイチゴやブルーベリーなどのジャムを塗って合わせただけのシンプルなサンドイッチだ。日本人はピーナツバターと言うと甘いイメージを抱くが、アメリカのものは単にピーナツをすりつぶしただけの甘くないものが主流。そこにジャムで甘さを加えるわけだ。

ある統計によると、平均的なアメリカ人は高校を卒業するまでに1人当たり1,500個のPB&Jサンドイッチを食べるらしいので、日本人にとっての「おにぎり」のようなものかもしれないが、管理人は一度も食べたことはない。

Embed from Getty Images

突然の長打大爆発のトミー・ラ・ステラ、新ニックネームは「Baby Ruth」

Embed from Getty Images

今シーズン、カブスから加わったユーティリティ・プレーヤーのトミー・ラ・ステラ。カブスでの5年間は396試合で10ホームランの男が、エンゼルスではわずか32試合、105打席で9本のホームランを打っている。今日の試合も8号、9号と連発し、1試合2本塁打は今シーズンすでに4度目だ。ちなみにカブス時代は複数本塁打は一度も記録していない。

先週からの腰痛でしばらく出場を控えていたが、本日復帰するやいなやまた打ち出すとは驚きだ。ホームラン(9)、打点(23)でチームトップ、OPS .916はトラウトに次ぐ2位だ。

細身で小柄な体なのにホームランを連発することから、新しくついたニックネームは「Baby Ruth(ベービー・ルース)」だそうだ。オースマス監督はラ・ステラには下位を打たせることが多く、突然の長打力をフル活用しているとは言い難い。ここは是非クリーンアップを打たせて、トラウト、大谷、ラ・ステラで面白いではないか。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です