速報!OC Register紙 「オータニがデトロイトでチームに合流」

いよいよ大谷選手の復帰がチームから発表された。明日5月7日(火)のデトロイトでのタイガース戦を前にベンチ入りすることが決まった。一応その時にプレーできるかの最終チェックがあるとのことだが、プレーさせる自信がなければエンゼルスも発表することはないだろうから、復帰して即スタメンDHで出るのは確実と思われる。1ヶ月ちょっと出遅れたが、いよいよ大谷選手のメジャー2年目が始まるわけだ。今年は打撃に専念するということで、これからは毎日彼のプレーを見ることができる。果たしてどんな数字を残してくれるのか楽しみで仕方がない。

地元紙OC RegisterのWeb版が速報記事を載せたので、日本語訳を紹介しよう。


Shohei Ohtani to join Angels in Detroit on Tuesday

(ショーヘイ・オータニが火曜日にデトロイトでエンゼルスに合流)

そこでオータニはプレー可能か最終チェックを受ける

Embed from Getty Images
トミー・ジョン手術のリハビリのためにシーズンに入っても1ヶ月以上出場できなかったショーヘイ・オータニはプレーの準備が出来ているようだ。

スポンサーリンク

オータニは火曜日のデトロイトでチームに合流した時点でプレー可能か最終判断がなされると月曜日にビリー・エプラーGMが書面で発表した。

エンゼルスはオータニを間違いなく起用するとまでは言わなかったが、もしエンゼルスがプレーできるとの確信なくデトロイトに彼を送ったとしたら驚きでしかない。ここ2週間オータニはマイナーの投手を相手に実戦練習を50打席以上こなし、これは春のキャンプでこなす水準に近いものだ。

大谷の復帰が近づくにつれ、エンゼルスのチームメイトは彼がラインナップの中核に復帰することがいかに大きな意味を持つかを熱心に語った。

日曜日のメキシコでの試合の前にコール・カルフーン外野手は「彼はア・リーグの新人王だぜ」と言って、続けた。

カルフーン 「チーム全員がオータニが去年やってきたことを見てきた。そして今年はさらに1年の経験を自分のものにしているんだ。彼は間違いなくチームの手助けになる男だ。オータニのような選手がカムバックしてくることにみんなとても興奮しているさ」

24歳のオータニは昨年二刀流の選手としてデビューして新人王になった。ヒジの故障のために投球できたのは10試合だけで防御率は3.31だったが、その故障のためにシーズン終了後に手術が必要となった。

スポンサーリンク

そのため2020年まで投球はお預けとなったが、バットの方で今シーズンの最後まで貢献できる。昨年は367打席で打率.285、22ホームラン、OPS .925を残した。

ブラッド・オースマス監督によると、今後はほとんど休むことなく毎日DHで出場させるつもりだし、シーズン終了までに500打席近くは行くだろう。

シーズンの終盤になって投球面での回復が進めば、よりハードな投球練習のために何日かのオフを設けるかもしれない。

エプラーGMが日曜日に語ったところでは、オータニはヒジを危険にさらさない走塁方法について指導を受けてきた。打席に立つ時と、塁に出た時では異なるタイプのヒジのガードを装着することになるだろう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です