エンゼルスの前半戦を振り返る(1) 攻撃陣

前半戦を終えたエンゼルス。ここまで49勝48敗とわずかに貯金1で、ア・リーグ西地区の4位、ワイルドカード・レースからは9ゲーム差と離れてしまった。最初の2週間で貯金10を作ったことを考えれば、あとは沈みっぱなしに近かった。

そこで前半戦のエンゼルスの戦いぶりを振り返ってみたい。1回目は攻撃面だ。

下にエンゼルスのスタメンと控えの打撃成績を上げた。私が特に重要と思うのはOPSだが、これは出塁率+長打率で計算される。OPSは単純に言うとバッターの恐ろしさを表した数字だと思えば良い。これが.700を下回ると怖くない打者、1.000を上回ると極めて危険な打者となる。
エンゼルス用語集: OPS

スポンサーリンク

  1. カルフーン (打率 .187、本塁打9、OPS .556
  2. シモンズ (打率 .313、本塁打6、OPS .813
  3. トラウト (打率 .310、本塁打25、OPS 1.060
  4. アップトン (打率 .251、本塁打19、OPS .788
  5. プーホルス (打率 .251、本塁打16、OPS .723
  6. 大谷 (打率 .283、本塁打7、OPS .887
  7. キンスラー (打率 .219、本塁打11、OPS .647
  8. コザート (打率 .219、本塁打5、OPS .658、左肩手術で今季絶望)
  9. マルドナド (打率 .234、本塁打5、OPS .646
  10. フレッチャー (打率 .250、本塁打1、OPS .639
  11. バルブエナ (打率 .204、本塁打9、OPS .594
  12. マルテ (打率 .245、本塁打4、OPS .724
  13. ヤング (打率 .168、本塁打6、OPS .615

トラウト以外に怖いバッターがいない

エンゼルスのOPSからわかることは、トラウトが傑出して高い以外は、あまり怖い打者がいないということだ。次いで警戒すべきはシモンズ、大谷、アップトンくらいだ。少なくともトラウトの後を打つ打者はOPS.800は欲しいところだ。やはり大谷がトラウトの後を打つのが理想かもしれない。

一方で下位打線や控えは7割を下回る打者が並び、ほとんど安パイぞろいと言って良い。

宝の持ち腐れ状態のトラウト

また、次のデータはメジャーで、ランナーなしでの打席数が多い選手のランキングだ。トラウトは8位で261打席がランナーなしだった(全打席の61%)。注目点はトラウトより上位の7人の選手は全員1番バッターということだ。1番打者は第1打席は100%ランナーがいないので、そういう打席が増えるのは当たり前。つまりエンゼルスはトラウトの前にバッターを出すことが出来ていないという証拠である。

ランナーを出せなかった大きな理由はリードオフマンを務めたカルフーン、コザート、キンスラーらのスランプだ。特にカルフーンはオープン戦では打率4割超と打ちまくったのだが、開幕と同時に大スランプに陥り、5月末には打率.145、OPS .374とメジャーの野手としては圧倒的な最下位にまで落ちて、ついにはDL入りしてしまった(実質マイナー調整)。むしろこれほど絶不調なのに5月末まで使い続けたのが失敗とも言える。ソーシアはもっと早く対策すべきだった。

うまくいかなかった補強

2017年は1塁、2塁、3塁を守った選手の打撃の低調さが深刻で、内野手の打撃向上はエンゼルスの補強ポイントだった。そこで今シーズン、大谷をDHに入れることでプーホルスを本来の1塁に戻し、キンスラー、コザートら内野陣を補強した。

スポンサーリンク

ところがキンスラー(打率.219、OPS .647)、コザート(打率 .219、OPS .658)は攻撃面ではほとんど貢献できなかった。キンスラーは2006年のデビュー以来OPSが.700を下回ったことはなく、コザートは昨年はOPS .933だったことを考えると両者の落ち込みは厳しい。

プーホルスの打率 .251、本塁打16、OPS .723という数字は到底年俸に見合うものではなく、ついに新人以来の5番に降格した。

メジャーで最も高齢のチーム

エンゼルスのバッターの平均年齢はメジャーで最高の30.6歳である。38歳のプーホルスを筆頭に、36歳のキンスラー、32歳のバルブエナ、コザートなどピークを過ぎたと思われる選手がいまだに中心にいる。FAで高齢の選手と取り過ぎていること、若い選手を育てていないことがチームに重くのしかかかっている。

逆にメジャーで若いチームはパイレーツ(26.3歳)、ホワイトソックス(26.6歳)、ヤンキース(27歳)である。パイレーツ、ホワイトソックスは再建中のチームなので当然だが、ヤンキースがこの若さで再建を完了し、トップチームを作り上げていることは驚異的だ。ヤンキース出身のビリー・エプラーGMには再建の期待がかかる。

総本塁打数はメジャー4位なのに・・・

総本塁打数はメジャーで4位の130本。一方で総安打数はメジャー平均(810本)以下の805本(16位)、総四球数はほぼメジャー平均(315個)の316個(15位)、総得点は丁度メジャー平均の425得点である。また送りバントはわずか4度でメジャー26位の少なさである。

ここから浮かび上がってくるエンゼルスの攻撃スタイルは、ホームランは多いが、塁に出るランナーは多くないのでホームランの割に点数が入らない。また送りバントなどはせず、基本的にバッター任せの強攻策といったところだ。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です