USA Today紙:全米が注目!エンゼルスの勝利は大谷の進化にかかっている

現地4月24日、大谷がアストロズとの試合に投手で先発予定。前回のボストン戦では指のマメを潰して満足な投球ができず、大谷がメジャーの上位チームにどれくらい通用するかは評価保留になっている。今度の敵は去年のワールドシリーズの覇者アストロズである。エンゼルスがポストシーズンに進出するためにはアストロズの高い壁を超えなくてはならない。ボストン戦以上に重要な試合になるだろう。

全国紙のUSA Todayはスポーツ面でこの注目の試合に投げる大谷の記事に大きなスペースを割き「エンゼルスがアストロズとの戦いを最終的に有利に運べるかはオータニの進化にかかっている」と結んだ。日本語訳を紹介したい。


Can Shohei Ohtani close the gap between Angels, Astros? We’re about to find out

(オータニはエンゼルスとアストロズの差を埋めることが出来るのか?もうすぐわかる)

イエス、ショーヘイ・オータニはシーズン序盤に野球界の想像力をかき立ててくれたが、チャーリー・モートンほど優れているのだろうか?

スポンサーリンク

以前ならバカげた質問だと思われたことが、今日ミニッツ・メード・パークでぶつかるワールドチャンピオン・アストロズとエンゼルスの対決の興味深い焦点の一つだ。

もしエンゼルスがアストロズをア・リーグ覇者の座から引きずり下ろそうとするならばオータニが必要だろう。オータニは最初の10試合で2勝して3本のホームランをかっ飛ばした。打席ではその後ややクールダウンしたが、それでもOPS.997を誇り、投手としてもレッドソックス戦での不安定さからは立ち直って来るだろう。

オータニ対モートンの対決はエンゼルスに立ちはだかる困難さと、事実上ア・リーグ西地区の行方を占うだろう。

オータニは前回のピッチングではマメに悩まされ、2イニングで4本のヒットと3失点を喫し、通算2勝1敗、防御率3.60となった。15イニングで19三振、4四球という数字の方が彼の支配力を如実に表している。

しかし、どちらかに賭けるならばモートンの方に分がある。彼は議論の余地なく現在リーグのベストピッチャーだからだ。キャリア11年の右腕は昨年ヒューストンで復活し、今年は4回の先発で3回は自責点0、しかもいずれも最低6イニングは投げている。

防御率0.72はア・リーグで首位というだけでなく、WHIPは0.88、33三振、6四球という数字を誇る。それに重要なことだが、モートンはアストロズでは先発5番手に過ぎず、他にリーグ防御率1位のゲリット・コール(防御率0.96)と2位のジャスティン・バーランダー(同1.10)が控えているのだ。

スポンサーリンク

アストロズのチーム防御率はメジャートップの2.22で、彼らが16勝8敗でリーグ首位に返り咲いたのには何の不思議もない。

しかし月曜の夜、エンゼルスはアストロズとの最初の対戦を2対0で勝利し、その差を0.5ゲームに縮めた。オータニの投球次第では僅差で首位に返り咲くことができる。

ヒューストンの打撃陣はオータニを打ち崩す準備が出来ていると自信に満ちており、オータニの落ちるスプリッター(もしマメの問題が解決していなければあまり有効でない可能性もある)の攻略方法も考えているはずだ。

オータニは、過去50年間誰もやったことがない3回先発した投手が4番も打つという偉業を日曜日に成し遂げたが、その試合で記者に「予定通りに回復しています」と語った。

オフェンス面では、トラウトがメジャートップの9ホーマー、そのうち3本をここ4試合で打っているので、エンゼルスはオータニが打線にいなくても問題ないだろう。加えてジャスティン・アップトンとアルバート・プホルスもいる。プホルスは魔法のような3000本安打にあと8本と迫っている。

しかし、マイク・ソーシア監督は日本から来たルーキー・オータニの類い希な才能を高く評価し、トラウトとアップトンの後ろを打つ能力があると信じている。オータニは日曜日の試合前にブルペンで投球練習を行ったが、登板日の前後の試合は打たないにも関わらず、42打席で打率.333をマークしている。

オータニは依然としてピッチャーとしての方が高評価で、ここ数年ローテーション投手の故障に悩まされるエンゼルスにとっては、将来は投手として最も重要な役割を背負うと思われる。

アストロズは、ホセ・アルテューベ、カルロス・コレラ、アレックス・ブレグマンらのキー・プレーヤーが少なくとも2021年までは契約下にあり、当分の間は強力なチームで、彼らに対抗すべくエンゼルスは球界最高のプレーヤーであるトラウトに加えて、実力者のアップトン、無比のショートストップであるアンドレルトン・シモンズを補強した。この3人とは2020年まで契約がある。

オータニが大きなミステリーのカギを握る。エンゼルスがアストロズとの戦いを最終的に有利に運べるかはオータニの進化にかかっている

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です