MLB情報:エンゼルスはどんなチームなのか

大谷選手の入団で来季は一気に日本での注目度が上がったエンゼルス。エンゼルスファン歴15年のものとして、日本のファンに知っておいてほしい今年のエンゼルスの戦いぶりを振り返る。いずれも自分が見に行った試合か、テレビで見て印象に残った試合である。

2017/4/9 対マリナーズ戦
エンゼルス、まさかの9回裏6点差追いつき、大逆転サヨナラ!
長年、野球見ているが、こんな大逆転は初めて見た!野球は恐ろしい~。7回表で8-1と大差の試合、ほとんどのファンは8回で帰ってしまったはず。残っていたファンはラッキーだ(私も、『こんな試合、見に行って無くてよかった』って思っていた)。それがあれよあれよと言う間に追いつき、最後は大逆転のサヨナラヒット。ちなみにサヨナラのヒットが生まれたのはちょうど、ゴルフのマスターズの18番、ガルシアがパットを外してプレーオフにもつれ込んだ瞬間だった。

2017/5/17  対ミネソタ戦
マイク・トラウトのボブルヘッドもらった。25歳の若さですでにMVP3回って化け物だ。今日、ホームランを打てば5試合連続だったのだが、2度も敬遠されたし、お休みの日だった。敬遠はうわさの、投球しなくていい敬遠だった。バッターボックスに入ることもなく、一塁直行!それにしても毎度、思う。どうしてボブルヘッドはいつも顔が似ていないのか?わざとか?

スポンサーリンク

2017/6/17 対アストロズ戦
青木がAngels戦で2000本安打打った試合。AngelsのFBにも写真付きで出ていた。しかし、最後の「独身」って何よ?青木、独身やったんか?そんなこと記録と関係あるか?要は単打「Single」ってことだろうけど、勝手に誤訳しているのだ。最近、FBとかGoogle Mapとか余計な日本語化が多い。くだらない自動翻訳に労力をつぎ込むことの愚かさと言ったら・・・!

2017/7/30 対ブルージェイズ戦
エンゼルス、10対4から9回裏に7失点でトロントに大逆転負け!最後はノリスが逆転サヨナラ満塁ホームランを喰らう!
4/9にマリナーズ相手にエンゼルスがやったのと同じことをやられた。ESPNによると「2011年以降、6点以上リードして9回に入ったチームは2529勝1敗。唯一の負けは、昨年5月28日にロイヤルズがホワイトソックスを破った試合」だったのが今年はこれで2度目か。
ノリスも情けないが、6点リードの9回に2年目のパウンダースという何の実績もない投手を投げさせたソーシア監督の責任だろう。パウンダースは四球、ホームラン、二塁打と何もできずにノリスと交代。少なくともホームランを打たれた時点で代えるべきだった。油断大敵ということだ。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です