大谷選手を見に行こう

大谷選手の出場試合について

エンゼルスはアメリカンリーグのためDH制がある。そのため、大谷選手がピッチャーで登板する場合は他の選手がDHに起用され、大谷選手は打席には立たない。今のところ投手としては日ハム時代と同じように、週1回の先発登板というスケジュールで回している。

一方、登板日の前後の日以外はDHに入り、打者として起用されている。そのため週に3-4試合は打者大谷を見ることができる。ただエンゼルスのマイク・ソーシア監督は左投手が相手の時は、左打者は引っ込める傾向が強く、相手投手が左腕の時は大谷選手も先発メンバーには名を連ねないことが多々ありそうだ。

打者大谷を見に行く予定がある場合は、相手チームの先発が左腕かどうかをチェックしてからチケットを手配した方がいいだろう。

スポンサーリンク

メジャー各チームの先発投手予想サイト

一試合で投打の両方を見ることは可能か

二刀流の大谷選手だが、今のところ一試合で投打の両方を見ることはなかなか難しい。

しかし、ナショナルリーグのチームと対戦するインターリーグでのアウェイゲームの場合はDH制がなくなる。その場合、もし大谷選手が先発するのであれば、当然バッターボックスにも入るので、一試合で投打の二刀流を見ることができるだろう。

中でも、ドジャースとの試合はフリーウェイ・シリーズと呼ばれ、毎年2-3試合は必ずドジャースタジアムでの試合が組まれるので二刀流の両方を見る狙い目だろう。

ポストシーズンではどうなる

レギュラーシーズン中は大谷選手の疲労を考慮しながら、慎重な起用が続いている。しかし、もしエンゼルスがポストシーズンに進出した場合は、大谷選手が投打にフル活躍することもあるかもしれない。もしかしたらDHを放棄して大谷選手が投げて打席にも入る、いわゆるリアル二刀流が見られる時が来るかもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク